訪問診療の一日と仕事内容

ngtf

訪問診療の一日を見てみましょう。
これは、訪問診療を行っているとある総合病院の
看護部在宅医療チームの一例です。

○9時 朝礼・当直からの申し送り
○9時15分 看護科チーム内ミーティング・訪問医師の確認
○9時半 午前中の診療へ
○12時 帰院・後片付け・午前中リーダーに申し送り・昼食
○13時半 午後の訪問診療の準備・訪問医師の確認を行い、午後の訪問診療へ
○16時半 帰院・後片付け・午後のリーダーへの申し送り・当直看護師への申し送り
○17時 日勤看護師から当直看護師への申し送り
○17時半 当直開始

訪問診療に同行する看護師以外は、病院で待機を行い、
患者さんや関係先からの連絡窓口となっています。

 

新規の患者さんの受け入れのための訪問や、
病棟に入院されている患者さんが訪問診療に切り替わる際の
退院前カンファレンスなどにも参加しますよ。

 

では、同行先ではどのような事をするのかについて、見てみましょう。
まず、患者さんの自宅に到着したら、看護師はバイタルチェックを行います。

 

基本的なバイタルチェックを行ったら、
その結果を医師に報告し、医師が診療を開始します。

医師の指示によって診療の補助を行い、
同時に医療行為を含むケアも行います

 

患者さんの家族に患者さんの様子などを聞いたり、
相談に乗るという事も、看護師の仕事なんですよ。

診療所によっては、訪問診療で使用する車を
運転することを頼まれる場合もあるんです。

 

 

訪問診療での看護師の役割とは

mduiheyut

患者さんの自宅を訪問する看護師の仕事といえば、
訪問看護師を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ですが、訪問診療は訪問看護とは異なり、
医師が患者さんの生活の場に診療に伺い、
看護師はその医師をサポートするために同行するんですね。

 

この訪問診療は、あらかじめ医師が診療の計画を立て、
そのスケジュールで訪問していくことになります。
患者さんの依頼によって訪問する「往診」とは違うんですよ。

そのため、訪問診療では緊急性が高いという事は少なく、
看護師もオンコール対応ではなくスケジュールによって
動いていくことになります。

 

ちなみに、オンコールで訪問する場合には、
訪問診療ではなく往診となるんですよ。

訪問診療は、医師が患者さんの生活の場に訪問します。
ですので、主体となるのは医師なんですね。
訪問看護のように看護師が主体というわけではないんです。

 

出張クリニックのようなものですので、
看護師の役割は医師のサポートとなります。

診療に行く前に、必要になる機材などを医師の指示によって揃え、
訪問先では診察の介助や患者さんのケアなどを行います

 

患者さんとその家族の方と医師の間の架け橋となったり、
療養環境の整備について家族の方に説明することもありますよ。

末期の患者さんに対しては、最期の迎え方などの
サポートをおこなっていくことも大切になります。

 

 

訪問診療の魅力とは【2】

dnuieh

病院勤務は、患者さんの多くが入院から退院まで
短期間で済むという急性期の場合が多くなりますよね。

ですが、訪問診療の場合には、基本的に慢性期の患者さんの生活の場に
伺うという事が多くなってきます。

 

あっという間に治療を終え退院されていく急性期の患者さんとは異なり、
慢性期の患者さんとは、じっくりと向き合っていく事になります。

信頼関係を築き、その患者さんと理解し合うというくらいに、
患者さんの内側の部分に踏み込むことになるのが訪問診療です。

 

それだけに、人と人としての関係を築き、
じっくりと向かい合って看護していくことが出来る
という点に魅力を感じている看護師も多いんですよ。

看護師の多くは、病院という閉鎖的空間に身を置いて
仕事をしていくことになりますよね。

 

そうなってくると、病院の外にどうしても目が向かない
という看護師も多いんです。

また、病棟内では患者さんを画一的に見てしまい、
患者さんの一面しか見ないままに看護を行ってしまう事が多くなります。

 

訪問診療の看護師となってはじめて、
「病棟では患者さんの一部しか見ていなかったんだ」
と気づく看護師も多いんですよ。

このように、外の世界を見ながら仕事をしていくことで、
医療の中での自分ではなく、
社会の中の自分というものを意識する看護師もいるんですね。