訪問看護ステーションの仕事とは

dniuehtr

病院で働いていると、どうしてこんなにいつも満床なの?
と不思議になるくらいに、患者さんが入院してこられます。

みなさんがそれぞれに入院や治療を必要とされていますが、
できれば在宅で療養したいという希望がある方もおられるんですよ。

 

医療が必要でも、入院ではなく在宅での療養も可能な患者さんというのは、
当然ながら自宅での療養生活も可能ですよね。

また、障害があるために、定期的に看護師が訪問し、
その様子を観察・必要な処置を行うということが必要になる方もおられます。

 

このように、自宅で療養生活を送る患者さんを支えるということが、
訪問看護ステーションの看護師の役割なんですね。

訪問看護ステーションで働く看護師の仕事は、
一日数件患者さんの自宅に訪問し、
医師から指示されている内容の処置を行っていくものです。

 

訪問看護で行う事が出来る医療は、医師の指示書にあるものだけなんですね。
ですので、訪問看護ステーションでも、
指示書の指示内容が行える看護師を派遣することになります。

ステーションを出発する際には、
その日のスケジュールに必要なものを揃え、車などで出発します。

 

患者さんの自宅に訪問し、患者さんの様子などを
コミュニケーションを取りつつ観察し、指示された処置を行っていきます。
もちろん、服薬管理なども行いますよ。

スケジュール通りに訪問を終えたらステーションに帰り、
報告とカンファレンスを行うのが基本の流れとなっています。