訪問看護ステーションの仕事とは

dniuehtr

病院で働いていると、どうしてこんなにいつも満床なの?
と不思議になるくらいに、患者さんが入院してこられます。

みなさんがそれぞれに入院や治療を必要とされていますが、
できれば在宅で療養したいという希望がある方もおられるんですよ。

 

医療が必要でも、入院ではなく在宅での療養も可能な患者さんというのは、
当然ながら自宅での療養生活も可能ですよね。

また、障害があるために、定期的に看護師が訪問し、
その様子を観察・必要な処置を行うということが必要になる方もおられます。

 

このように、自宅で療養生活を送る患者さんを支えるということが、
訪問看護ステーションの看護師の役割なんですね。

訪問看護ステーションで働く看護師の仕事は、
一日数件患者さんの自宅に訪問し、
医師から指示されている内容の処置を行っていくものです。

 

訪問看護で行う事が出来る医療は、医師の指示書にあるものだけなんですね。
ですので、訪問看護ステーションでも、
指示書の指示内容が行える看護師を派遣することになります。

ステーションを出発する際には、
その日のスケジュールに必要なものを揃え、車などで出発します。

 

患者さんの自宅に訪問し、患者さんの様子などを
コミュニケーションを取りつつ観察し、指示された処置を行っていきます。
もちろん、服薬管理なども行いますよ。

スケジュール通りに訪問を終えたらステーションに帰り、
報告とカンファレンスを行うのが基本の流れとなっています。

 

 

訪問診療の一日と仕事内容

ngtf

訪問診療の一日を見てみましょう。
これは、訪問診療を行っているとある総合病院の
看護部在宅医療チームの一例です。

○9時 朝礼・当直からの申し送り
○9時15分 看護科チーム内ミーティング・訪問医師の確認
○9時半 午前中の診療へ
○12時 帰院・後片付け・午前中リーダーに申し送り・昼食
○13時半 午後の訪問診療の準備・訪問医師の確認を行い、午後の訪問診療へ
○16時半 帰院・後片付け・午後のリーダーへの申し送り・当直看護師への申し送り
○17時 日勤看護師から当直看護師への申し送り
○17時半 当直開始

訪問診療に同行する看護師以外は、病院で待機を行い、
患者さんや関係先からの連絡窓口となっています。

 

新規の患者さんの受け入れのための訪問や、
病棟に入院されている患者さんが訪問診療に切り替わる際の
退院前カンファレンスなどにも参加しますよ。

 

では、同行先ではどのような事をするのかについて、見てみましょう。
まず、患者さんの自宅に到着したら、看護師はバイタルチェックを行います。

 

基本的なバイタルチェックを行ったら、
その結果を医師に報告し、医師が診療を開始します。

医師の指示によって診療の補助を行い、
同時に医療行為を含むケアも行います

 

患者さんの家族に患者さんの様子などを聞いたり、
相談に乗るという事も、看護師の仕事なんですよ。

診療所によっては、訪問診療で使用する車を
運転することを頼まれる場合もあるんです。

 

 

訪問看護師の仕事内容

fnuwheuth

在宅医療を受けている患者さんは、
以前に比べてとても多くなっています。

訪問看護は、そんな在宅医療を受けている患者さんの自宅に訪問し、
看護を行っていく仕事です。

 

看護師は、訪問看護ステーションというところから、
在宅医療を受けている患者さんの自宅に訪問することになります。

この訪問看護ステーションは、病院内に設置されていることも多く、
地域医療の中核となる重要なポジションです。

 

患者さんは、病院とは異なり様々な環境で生活していますので、
訪問看護師はその環境の中で、よりその人らしく療養生活が行えるように
お手伝いをしていきます

 

訪問看護師が行う仕事は、大きく分けて以下のようなものがあります。

・患者さんのお世話
・病状の観察
・医師の指示によって行う医療処置
・医療機器の管理
・リハビリ
・患者さんの家族の方に対する指導や相談
・ターミナルケア

このようなものがあります。
少し難しそうに感じるかもしれませんが、慣れてくると自分なりに工夫し、
訪問看護を行っていく事が出来る様になりますよ。

 

医療機器の管理や医師の指示によって行う医療処置などは、
看護師ならではのケアですよね。
患者さんのお世話などは、家族の方に教えつつ行っていく事になります。

最も重要となるのが、病状の観察です。
患者さんの状態を見て正確に記録し、医師に伝えていくというのは、
看護師ではなくては難しい事ですよね。