訪問看護ステーションの仕事とは

dniuehtr

病院で働いていると、どうしてこんなにいつも満床なの?
と不思議になるくらいに、患者さんが入院してこられます。

みなさんがそれぞれに入院や治療を必要とされていますが、
できれば在宅で療養したいという希望がある方もおられるんですよ。

 

医療が必要でも、入院ではなく在宅での療養も可能な患者さんというのは、
当然ながら自宅での療養生活も可能ですよね。

また、障害があるために、定期的に看護師が訪問し、
その様子を観察・必要な処置を行うということが必要になる方もおられます。

 

このように、自宅で療養生活を送る患者さんを支えるということが、
訪問看護ステーションの看護師の役割なんですね。

訪問看護ステーションで働く看護師の仕事は、
一日数件患者さんの自宅に訪問し、
医師から指示されている内容の処置を行っていくものです。

 

訪問看護で行う事が出来る医療は、医師の指示書にあるものだけなんですね。
ですので、訪問看護ステーションでも、
指示書の指示内容が行える看護師を派遣することになります。

ステーションを出発する際には、
その日のスケジュールに必要なものを揃え、車などで出発します。

 

患者さんの自宅に訪問し、患者さんの様子などを
コミュニケーションを取りつつ観察し、指示された処置を行っていきます。
もちろん、服薬管理なども行いますよ。

スケジュール通りに訪問を終えたらステーションに帰り、
報告とカンファレンスを行うのが基本の流れとなっています。

 

 

訪問診療の一日と仕事内容

ngtf

訪問診療の一日を見てみましょう。
これは、訪問診療を行っているとある総合病院の
看護部在宅医療チームの一例です。

○9時 朝礼・当直からの申し送り
○9時15分 看護科チーム内ミーティング・訪問医師の確認
○9時半 午前中の診療へ
○12時 帰院・後片付け・午前中リーダーに申し送り・昼食
○13時半 午後の訪問診療の準備・訪問医師の確認を行い、午後の訪問診療へ
○16時半 帰院・後片付け・午後のリーダーへの申し送り・当直看護師への申し送り
○17時 日勤看護師から当直看護師への申し送り
○17時半 当直開始

訪問診療に同行する看護師以外は、病院で待機を行い、
患者さんや関係先からの連絡窓口となっています。

 

新規の患者さんの受け入れのための訪問や、
病棟に入院されている患者さんが訪問診療に切り替わる際の
退院前カンファレンスなどにも参加しますよ。

 

では、同行先ではどのような事をするのかについて、見てみましょう。
まず、患者さんの自宅に到着したら、看護師はバイタルチェックを行います。

 

基本的なバイタルチェックを行ったら、
その結果を医師に報告し、医師が診療を開始します。

医師の指示によって診療の補助を行い、
同時に医療行為を含むケアも行います

 

患者さんの家族に患者さんの様子などを聞いたり、
相談に乗るという事も、看護師の仕事なんですよ。

診療所によっては、訪問診療で使用する車を
運転することを頼まれる場合もあるんです。

 

 

訪問診療での看護師の役割とは

mduiheyut

患者さんの自宅を訪問する看護師の仕事といえば、
訪問看護師を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

ですが、訪問診療は訪問看護とは異なり、
医師が患者さんの生活の場に診療に伺い、
看護師はその医師をサポートするために同行するんですね。

 

この訪問診療は、あらかじめ医師が診療の計画を立て、
そのスケジュールで訪問していくことになります。
患者さんの依頼によって訪問する「往診」とは違うんですよ。

そのため、訪問診療では緊急性が高いという事は少なく、
看護師もオンコール対応ではなくスケジュールによって
動いていくことになります。

 

ちなみに、オンコールで訪問する場合には、
訪問診療ではなく往診となるんですよ。

訪問診療は、医師が患者さんの生活の場に訪問します。
ですので、主体となるのは医師なんですね。
訪問看護のように看護師が主体というわけではないんです。

 

出張クリニックのようなものですので、
看護師の役割は医師のサポートとなります。

診療に行く前に、必要になる機材などを医師の指示によって揃え、
訪問先では診察の介助や患者さんのケアなどを行います

 

患者さんとその家族の方と医師の間の架け橋となったり、
療養環境の整備について家族の方に説明することもありますよ。

末期の患者さんに対しては、最期の迎え方などの
サポートをおこなっていくことも大切になります。

 

 

訪問看護師の仕事内容

fnuwheuth

在宅医療を受けている患者さんは、
以前に比べてとても多くなっています。

訪問看護は、そんな在宅医療を受けている患者さんの自宅に訪問し、
看護を行っていく仕事です。

 

看護師は、訪問看護ステーションというところから、
在宅医療を受けている患者さんの自宅に訪問することになります。

この訪問看護ステーションは、病院内に設置されていることも多く、
地域医療の中核となる重要なポジションです。

 

患者さんは、病院とは異なり様々な環境で生活していますので、
訪問看護師はその環境の中で、よりその人らしく療養生活が行えるように
お手伝いをしていきます

 

訪問看護師が行う仕事は、大きく分けて以下のようなものがあります。

・患者さんのお世話
・病状の観察
・医師の指示によって行う医療処置
・医療機器の管理
・リハビリ
・患者さんの家族の方に対する指導や相談
・ターミナルケア

このようなものがあります。
少し難しそうに感じるかもしれませんが、慣れてくると自分なりに工夫し、
訪問看護を行っていく事が出来る様になりますよ。

 

医療機器の管理や医師の指示によって行う医療処置などは、
看護師ならではのケアですよね。
患者さんのお世話などは、家族の方に教えつつ行っていく事になります。

最も重要となるのが、病状の観察です。
患者さんの状態を見て正確に記録し、医師に伝えていくというのは、
看護師ではなくては難しい事ですよね。

 

 

訪問看護師へ転職する前に知っておくべき事

患者さんとじっくり向き合う仕事

nwangaege
患者さんやそのご家族が、
納得のいく医療を実現するためには、
訪問ナースは欠かせないサポートになっています。

訪問件数は、余裕をもってケアできる程度になっており、
じっくり患者さんと向き合い
コミュニケーションを取りながら、自立への援助を促し
快適な療養生活を支援することになります。

 

また、患者さんの家で療養したいという
気持ちを大切にしている
ので、

緩和ケアをやりたい方や、
ターミナルケアに関心がある方も、
ニーズに合う職場になっています。

 
 
 

融通の利く勤務時間

今後のキャリアの1つとして、生活の場での
看護を経験しておくことも大切になります。

一人で全てのことに対応しなければならないため、
1年ぐらいでほぼ一通りの在宅看護に
関わることができるのです。

 

その後は、自分自身のスキルアップになり、
選択肢が多く広がります。

訪問ナースは、訪問時間といった形で
時間が区切られているため、勤務時間にも
融通が利きやすくなっており

 

週に数日間、1日に数時間という条件の方でも
働ける職場
になりますので、
転職を考えている方には最適です。

また、患者さんが喜んでくれたり、
体調が良くなって病状が緩和されたりすると、
自分も嬉しくなり訪問看護として
働いているやりがいも感じられます。

 
 
 

夜勤がない!

jwiegaleok
看護師とえいば、病院勤務がまずイメージされますが、
最近では訪問ナースに転職される方も増えてきています。

転職される理由としては、夜勤がないということ
より患者さん一人一人と関われるようになるということ、
ターミナルケアや認知症ケアに
携わることができるということなどが挙げられます。

 

夜勤については、看護師で働いている方の中には、
家族の事情などにより夜勤ができないという人もいます。

そういった人は、訪問看護の仕事であれば
主に日勤業務ということになりますから、
夜の勤務をせずに働くことができます。

 
 
 

社会貢献度の高い仕事

患者さんのかかわりの面に関しては、
例えば病棟勤務ではなかなか患者さん一人一人と
しっかりと向き合う時間が少なかったりしますが、

訪問看護であれば、直接患者さんの家に行って、
様々な支援を行うことになりますので、
より患者さん一人一人と向き合って
看護業務を行うことができます。

 

ターミナルケアや認知症のケアについては、
今後特に必要とされる仕事
です。

現在の社会の状況として、
高齢者の割合は年々増加傾向にあります。

 

ターミナルケアを必要としている人や、
認知症を発症して介護などが必要とする家族などが
多くなってくると考えられます。

ですので、社会貢献の意義が高い分野で
活躍することができます。