訪問看護師へ転職する前に知っておくべき事

患者さんとじっくり向き合う仕事

nwangaege
患者さんやそのご家族が、
納得のいく医療を実現するためには、
訪問ナースは欠かせないサポートになっています。

訪問件数は、余裕をもってケアできる程度になっており、
じっくり患者さんと向き合い
コミュニケーションを取りながら、自立への援助を促し
快適な療養生活を支援することになります。

 

また、患者さんの家で療養したいという
気持ちを大切にしている
ので、

緩和ケアをやりたい方や、
ターミナルケアに関心がある方も、
ニーズに合う職場になっています。

 
 
 

融通の利く勤務時間

今後のキャリアの1つとして、生活の場での
看護を経験しておくことも大切になります。

一人で全てのことに対応しなければならないため、
1年ぐらいでほぼ一通りの在宅看護に
関わることができるのです。

 

その後は、自分自身のスキルアップになり、
選択肢が多く広がります。

訪問ナースは、訪問時間といった形で
時間が区切られているため、勤務時間にも
融通が利きやすくなっており

 

週に数日間、1日に数時間という条件の方でも
働ける職場
になりますので、
転職を考えている方には最適です。

また、患者さんが喜んでくれたり、
体調が良くなって病状が緩和されたりすると、
自分も嬉しくなり訪問看護として
働いているやりがいも感じられます。

 
 
 

夜勤がない!

jwiegaleok
看護師とえいば、病院勤務がまずイメージされますが、
最近では訪問ナースに転職される方も増えてきています。

転職される理由としては、夜勤がないということ
より患者さん一人一人と関われるようになるということ、
ターミナルケアや認知症ケアに
携わることができるということなどが挙げられます。

 

夜勤については、看護師で働いている方の中には、
家族の事情などにより夜勤ができないという人もいます。

そういった人は、訪問看護の仕事であれば
主に日勤業務ということになりますから、
夜の勤務をせずに働くことができます。

 
 
 

社会貢献度の高い仕事

患者さんのかかわりの面に関しては、
例えば病棟勤務ではなかなか患者さん一人一人と
しっかりと向き合う時間が少なかったりしますが、

訪問看護であれば、直接患者さんの家に行って、
様々な支援を行うことになりますので、
より患者さん一人一人と向き合って
看護業務を行うことができます。

 

ターミナルケアや認知症のケアについては、
今後特に必要とされる仕事
です。

現在の社会の状況として、
高齢者の割合は年々増加傾向にあります。

 

ターミナルケアを必要としている人や、
認知症を発症して介護などが必要とする家族などが
多くなってくると考えられます。

ですので、社会貢献の意義が高い分野で
活躍することができます。